事業紹介

  • オーテックとは
  • 事業紹介
  • ご依頼からの流れ
  • 打設のコツ
  • 会社概要
  • 新着情報
  • TOP>
  • 事業紹介

試験、調査、管理――コンクリートに関するすべては、“コンクリートのエキスパート”オーテックまで。

オーテックでは、コンクリート試験、調査、管理など、コンクリートに関する幅広い業務を請け負っております。これまでに蓄積された豊富なデータや知識、ノウハウを活用したご提案をいたしますので、コンクリートのことならオーテックにお任せください。

コンクリート工事の総合管理
“良いコンクリートに何が必要か”を心得るプロが、すべての作業を請け負います。

オーテックでは、様々なデータや知識を活用した、コンクリート工事の総合管理を行っております。コンクリートの発注における配合の決定やコンクリート打設管理、型枠脱型後のコンクリート調査などを実施いたします。

さらに、建物の維持管理の負担を軽減するために、着工前に発生が予想されるひび割れに対し、適切な対策・提案も行っています。専門的なコンクリートの知識を有する当社なら、入念な準備から最適な管理まで、すべてお任せ下さい。

コンクリート構造物が完成するまでの履歴を残すことで、劣化・損傷の正確な原因を特定することができます。

日々の雨風や地震など、様々な原因で劣化・損傷するコンクリート構造物を適切に修正するには、まずその原因を正確に見極める必要があります。しかし、コンクリート構造物が完成するまでの履歴がないと、劣化・損傷の原因を正確に特定できないことをご存知でしょうか?

そのため当社では、コンクリート構造物ができあがるまでの履歴を残しておき、劣化・損傷した際の正確な原因の特定に役立てています。コンクリートの総合管理に関しては、エキスパートである私たちにお任せください。

フレッシュコンクリート試験
確かな品質保持のために、様々な試験方法で厳しく、正確に品質をチェックいたします。

コンクリート構造物の安全性を保つには、使用するコンクリートの品質が非常に重要です。そこで当社では、環境条件や運搬時間に影響を受けやすいフレッシュコンクリートの品質試験を行っております。

試験・測定方法には、スランプ試験、空気量測定、塩化物量測定、単位容積質量測定、ブリーディング試験などがございます。これらの試験結果に加え、高周波加熱乾燥法もしくはエアメーター法で単位水量測定を行い、水セメント比を測定することで、事前の試験練りにより求めた強度とセメント水比の関係から、コンクリートの強度を推定することも可能です。

硬化コンクリート試験
硬化後のコンクリートの状態を把握し、より強い構造物の制作に役立てることができます。

オーテックでは、硬化コンクリートの各種試験を実施しております。圧縮強度試験、曲げ強度試験、長さ変化測定、中性化深さ測定、静弾性係数試験、拘束膨張試験、ポアソン比測定など、様々な試験・測定を通し、硬化後のコンクリートの状態を調査いたします。

「硬化後のコンクリートから重大な欠陥が見つかってしまった!」「完成した構造物に、ひび割れが発生した!」など、後々、補修や撤去に多大な時間と費用をかけないためにも、ぜひ当社の試験をご活用ください。

コンクリート構造物診断・調査
劣化・損傷を少しでも未然に防ぐための診断や調査を、様々な角度から行います。

コンクリートに関して幅広い知識・データを持つオーテックでは、劣化・損傷の原因を推定し、診断や調査をすることで、最適な改善方法をご提案しております。

コンクリート構造物の劣化・損傷の原因は、環境条件や気象条件、外力条件、設計、施工など、実に様々です。その原因によって、診断・調査項目が変わるため、原因を的確に把握できることが重要になります。当社が実施している診断・調査方法は、目視調査、打診調査、コンクリート強度推定(リバウンドハンマー)、鉄筋探査機による配筋状況調査、はつりによる中性化深さ試験などです。

高強度コンクリート大臣認定
大臣認定取得までに必要な業務をサポートし、お客様の技術向上に貢献いたします。

高強度コンクリートは、高層化する建築物に使用するため、需要が高まっております。この需要に応えるために、認定取得を目指しながらも、日々の業務に追われて取得できない状態ではありませんか?

オーテックでは、お客様に代わって認定に必要となる業務を行い、国土交通省大臣の認定取得をお手伝いいたします。室内・実機試験練りや柱模擬体作成、温度履歴測定、コンクリートコア採取、書類作成など、幅広く請け負いますので、ご検討中のお客様はぜひお問い合わせください。

打設のコツ

打設とは?構造物の良し悪しを左右する、工事に欠かせない非常に重要な工程です。

打設とは、コンクリートを所定の位置に打ち込む作業のことです。コンクリートは、水とセメントととの化学反応により硬化する特性により、建物や道路、ダム、高架橋、トンネルなど、ほとんどの建築物に使用されております。打設を適切に行うことによって、建築物の耐久性が決まり、不具合の少ない密実な躯体となります。

有害なひび割れがしない、打設のコツ
ポンプ工・打設工に依存していませんか?耐久性に優れたコンクリートには、徹底した管理が必要です。

良いコンクリート構造物を作るには、配合決定や打設の際にエキスパートの適切な指導の下、いくつかの点に注意する必要があります。
まずは、配合では、高品質なコンクリートを造るため、日本工業規格(JIS規格)を遵守し、セメント量、単位水量を低減します。また、各工場の材料の特性を生かし、作業性の良い配合設計を行います。
こうすることによって、高品質で施工性の良いコンクリートが現場に提供されます。
また、コンクリートを打ち込む際には、適正な人員を確保して、正しい順序で打設を行いましょう。適切な流れで丁寧に作業を行うことで、コンクリートの品質を高めることができます。さらに、コンクリートを打ち込んでからは、バイブレーターで適度な振動を与えることが必要です。こうすることでコンクリート内部の気泡がコンクリートの外へと追い出され、コンクリートの密度が高まります。
そして、何よりも大事なのは、コンクリートについて正しい知識とノウハウを持つエキスパートが、上記の注意点が確実に守られているかを最後まで監督することです。

コンクリートのエキスパートがお客様のどんなご要望にもお応えいたします。

お客様のご要望、お悩みに柔軟に対応できるのは、コンクリートを知り尽くすオーテックだからです。

お問い合わせ
ページ上部へ戻る